バストアップ解説ウェブ

プエラリア・イソフラボンなど

画像

イソフラボンでバストアップできる?

女性ホルモン様作用があるとして注目を集めているイソフラボン。
大豆などのマメ科の植物に含まれている成分で、フラボノイドの一種です。

日頃、食する機会の多い大豆に含まれている「ダイゼイン」や「ゲニステイン」もイソフラボンの一種です。
このイソフラボンには、女性の美容や健康に欠かせない女性ホルモンと似た作用が期待できるとして注目されています。
そんな背景から豆乳の人気も高まって、最近は様々な味・バリエーションの大豆製品が登場していますね。

バストアップと言えば、女性ホルモン様作用(エストロゲン様作用)が高い効果を発揮することは、皆さんもご存知かと思います。
大豆製品を毎日摂取することでバストアップに役立てることが出来れば最高なのですが、大豆製品は味が苦手…という方も結構いらっしゃいます。
また、バストにハッキリとした違いを感じるほど十分な量のイソフラボンを摂取しようとなると、カロリーオーバーが懸念されます。

さらに、イソフラボンにはグリコシド型とアグリコン型の二つの種類があるのですが、グリコシド型の場合は、イソフラボンの周りに糖鎖がある為吸収し辛いという欠点があります。
一方アグリコン型の場合は、糖鎖がありません。
その為、摂取後吸収率が高くより高い実感が期待できます。

アグリコン型のイソフラボンをバストアップに活用するためにはどうすれば良いかというと、ずばり、アグリコン型イソフラボンのサプリメントの摂取が理想的です。

サプリメントの場合は、必要な成分だけを効率的に摂取することが出来るのでカロリーオーバーの心配もありません。

先述したようにイソフラボンはエストロゲン様作用がありますので、更年期に差し掛かってエストロゲン分泌量が低下している女性にも最適です。
更年期には様々な体調不良を感じる女性が多いですが、それはエストロゲンの分泌量が足りなくなって、健康のバランスが取り辛くなっているから。
また、毛髪の量が減ったり、抜け毛が増えたり、肌のハリツヤがなくなって老けてしまう事にもエストロゲンの分泌量低下が関わっています。

逆に、エストロゲンの分泌過剰で体調不良を感じる方にも適した成分です。
実は、イソフラボンはエストロゲンを補うだけでなく、適切な量に調整する働きも持っています。

バストアップ効果に限らず、女性の美容と健康維持には最適な成分だと言えるでしょう。

ちなみに、バストアップ効果を追求するのであれば「プエラリアミリフィカのサプリメント」も非常に有用性が高いアイテムです。
ダイゼインやゲニステインよりも作用が強い、「ミロエステロール」や「デオキシミロエステロール」がバストアップの強い味方となってくれます。

Copyright© 2009 dental implant calum All Rights Reserved.